落とすだけじゃない保湿もできるクレンジング|乾燥肌予防アイテム

女の人

メイクオフには潤いが必須

スキンケア

使用量がポイント

クレンジングクリームでメイク落としと同時に、マッサージを行う間違ったスキンケアを行う女性は意外と多く、洗浄力の強い化粧品で肌を刺激することでハードドライと呼ばれる潤い不足の乾燥肌に導いてしまいます。最も重要なのが肌への摩擦を少なくするテクスチャーや使用量にあり、各化粧品メーカーでは乾燥肌向けのクレンジングクリームの内容量に改良を加えています。ケチらずにたっぷり使い、顔全体に伸ばすことにより、短時間でケアが済むため、肌刺激を最小限に抑えることが可能となります。特に、擦らず落としたいのが皮膚層が極端に薄い目元で、アイクレンジングクリームの量を大容量にし、さらに乾燥しがちな目元を整える保湿性洗浄成分やビタミンBやE誘導体配合でドライからソフトタッチな肌に導く内容です。

潤いや血行促進

一般的なクレンジング剤には界面活性剤が含まれ、メイクを浮かせて洗い流すケアが女性には必要となりますが、乾燥肌の場合、石油由来となる合成界面活性剤配合のクレンジング剤を利用することにより、肌へ速やかに浸透し、短時間でケアができる魅力があります。一般的に化粧品の多くは残留性が強く、長い間肌の上に残ってしまいやすく、乾燥肌のトラブルの原因に繋がってしまいます。しかし、メイクを落とすことでニキビや吹き出物、シミやくすみを作らないケアにも直結するため、落とす・洗う・補う・フタをするなどのステップケアもポイントとなります。皮脂は洗い落としても元の機能を直ぐに取り戻せるものの、セラミド回復は数日かかるため、バリア機能を低下させない石油系界面活性剤が無添加となる化粧品を選びます。さらに、洗い上がりに潤いが足りなくなる難点には、温感タイプを選択することにより、潤いと血行促進効果までが期待できる魅力が挙げられます。