落とすだけじゃない保湿もできるクレンジング|乾燥肌予防アイテム

女性

メイクオフには潤いが必須

スキンケア

乾燥肌は潤い不足に陥っている状態で、セラミドまでがクレンジングによって失われてしまいがちです。肌に優しい保護や保湿成分であるビタミン類を配合した化粧品選びで、乾燥しがちな肌に潤いを与えたメイクオフが可能です。

View Detail

きれいな肌を取り戻す

石鹸

なかなか治りにくくケアも大変な「にきび」は毛穴が詰まることで炎症を起こします。改善には洗浄力の弱めな固形石鹸を選びましょう。にきび対策で使用する石鹸は、表示成分が石鹸素地、もしくはそれに近いものがトラブルもなく肌の改善につながるのです。

View Detail

ビタミンC入りのコスメ

レディー

ビタミンCを肌に浸透しやすく改良したものがビタミンc誘導体です。改良したことによっていろいろな化粧品に入れることが出来るようになりました。ビタミンc誘導体には活性酸素やメラニン色素の除去に役立つのでアンチエイジングや日焼け対策に効果的です。

View Detail

乾燥のメカニズムを理解

化粧水

綿棒やシートで落とす

普通肌だったのが、間違ったスキンケア法によって、角質層にダメージを与えてしまい、自らの手で乾燥肌をつくってしまう女性は少なくはなく、摩擦抵抗が激しいクレンジングにも同等のことが言えます。水分を保持して乾燥を防ぐには、角質層をダメージから守る必要があり、スキンケア方法の見直しが重要視されています。特に乾燥肌の場合、クレンジングや洗顔など、肌が濡れた状態となるステップ時に注意が必要で、角質層がふやけ、剥がれやすい状態となるため、このステップに着目した化粧品が開発・提供されはじめています。例えば、メイク落ちがネックとなるアイメイクには、洗浄力の強い化粧品が必要ですが、なるべく濡らさない、刺激を与えないため、シートや綿棒、コットンタイプの肌を労ることのできるクレンジング化粧品が提案されるなど、ダメージケアが可能なタイプが話題を集めています。

セラミド配合が特徴

肌は、角質層の細胞間脂質と皮脂、天然保湿因子から構成されており、クレンジングや洗顔によって流出してしまいやすく、水分が失われ、乾燥肌を益々深刻化させます。メイクなど、油性の成分が水に溶け出し、スルッと洗い落とすことができるクレンジングを利用する女性は多く、界面活性剤が使われているのが特徴です。界面活性剤は、洗浄力に優れているのが最大の特徴であるものの、肌の保湿能力を持つ角質層の細胞間脂質までも洗い流すこともあり、乾燥肌の女性のケアには不向きとなります。しっかりメイクを落としながらも、最小限のダメージに抑えることが乾燥肌の女性には必要な工夫で、水分保持機能のあるセラミド配合クレンジング剤を使うことで、乾燥肌から普通肌を目指すこともできる特徴が挙げられています。